民間学童保育なら子供のさまざまな可能性を引き出してくれる

SITEMAP

民間学童保育なら子供のさまざまな可能性を引き出してくれる

子供の預け先には民間学童保育を選択

食べ物の英訳が書かれたカードを持つ

夜遅くまで働いていて子供の預け先について悩んでいるという方におすすめなのが、民間学童保育です。子供が保育園から小学校に上がるとき、帰宅時間が早まる上に、頼みの公立の学童保育についても18時には閉まってしまうため、仕事を続けるのが難しくなったり、仕事を早めに切り上げなければいなくなったりする場合が多いです。
これが、俗に言う「小1の壁」というものです。この小1の壁にぶち当たった時、どうしようかと頭を悩ませてしまう方は多いと思います。そこでおすすめしたいのが、冒頭でも挙げた民間学童保育なのです。実は、学童には公立の施設だけではなく、民間が運営している施設もあります。この民間学童保育は公立の学童とは色々と違います。
例えば、利用時間は基本的に公立の学童よりも民間の学童の方が長いです。公立の学童だと18時までしか利用できないのが当たり前ですが、民間の学童の場合は19時を過ぎても利用可能という施設もあるため、夜遅くまで仕事があるという方には非常におすすめです。また、民間の学童の場合は教育面もしっかりしていて、様々な教育が受けられる施設があります。なので、教育面での心配があるという場合にもおすすめです。

記事一覧

TOP